印鑑を作る時は目的に合わせた素材を選んで上手にコストを抑えよう

印鑑

銀行印に向いている印鑑

銀行印は特に決まりはありません。しかし、シャチハタはゴムで作られているために、ゴムの部分が消耗したり変形したりすると照合ができなくなります。そのため、使用できません。基本的に、大きさや形、名前や書体は自由です。
私は、銀行で働いていました。数多くの銀行印を見てきました。銀行印として使われているものは、人それぞれです。口座や家族によって変えている家庭もあれば、全員が同じ印鑑で統一している家庭もあります。たくさんの印鑑を使い分けていると、どの印鑑かわからなくなってしまいます。たくさん持ってきてどの印鑑か照合してほしいと来店する方も少なくありませんでした。
同じ印鑑にしていると、不都合も起こります。銀行印として使っている印鑑をなくしてしまった場合です。すべての口座に印鑑紛失、改印届を出さなくてはなりません。諸届の処理はいろいろ記入することが多く面倒です。印鑑に、銀行印と印をつけている人もいます。防犯面ではよくありませんが、本人にはよくわかって便利なのかもしれません。
銀行印として受理することはできますが、ふさわしくない印鑑があります。それは実印として使っている印鑑と子供のおもちゃ用の○○ちゃんと書いているハート形の印鑑などです。実印と銀行印は分けていた方がよく、おもちゃの印鑑は見た目もおかしいです。常識ある印鑑を使用します。

TOP