印鑑を作る時は目的に合わせた素材を選んで上手にコストを抑えよう

印鑑

印鑑は顔と同じです

印鑑は日常生活のあらゆる場面で利用します。既製品を使っている人もたくさんいると思いますが、印鑑は書類上であなたの顔の代わりになる大切な存在です。自分の顔を汚いままにしておく人がいないように印鑑もしっかりとしたものを利用すべきでしょう。
特に実印と銀行印は身分証明のかわりにもなる大切な存在ですので、しっかりとしたものを作ることをお薦めします。もちろん日常生活でよく使う認め印も本来はきちんとしたものを利用すべきです。印鑑で使用する文字は印相体や篆書体など様々な書体がありますが、大事なのは印鑑の中に定められた茂司が全て入っていることとそれらが開運につながる掘られ方をしているかどうかが大切です。
複数の文字書体を選べる場合には自分の顔のかわりとして使いたい書体を使うのが一番だといえます。また、印鑑の素材は最近ではプラスティックやチタンなど金属製のものも登場しています。そうした中で一番のお薦めはしなやかで長持ちする黒檀や薩摩本柘といった木材、黒水牛やオランダ水牛といった水牛の牙を利用したものです。これらは長持ちする上に生物由来素材ですので、手にもなじみやすく、長く利用するにはうってつけの素材といえるでしょう。

TOP