印鑑を作る時は目的に合わせた素材を選んで上手にコストを抑えよう

印鑑

印鑑はどこに行けば作れる?

印鑑といえば「はんこ屋さん」はんこ屋さんに行けば、三文判と言われるはんこが並んでいます。このはんこも作られたものですから、自分さえ良ければこのはんこでも充分いい仕事をしてくれます。印鑑登録をしたい、自分の預金口座を作りたい、そんなときにはんこを作る方もおられるかと思います。実際、私は、車を購入するときに印鑑をはんこ屋さんで作りました。素材も字体も自分で選び、世界に一つだけのはんこ、なかなかいいものです。
最近は、はんこを作る機械があります。それこそ、素材も字体も選べます。金額は素材によって異なりますが、はんこ屋さんで作るよりは安価で作れます。はんこの自動販売機ですね。印鑑の種類「実印・銀行員・認印」を選択し、名前を入力し字体を選びます。はんこの素材はプラスチックから水牛まで選べます。自分で作った感は非常にあります。
はんこ屋さんでも同じ作業をするので、金額の差は人件費ということですね。確かにはんこ屋さんで作ったはんこ、品があるようには見えますが、言わなければわかりません。何に使うかにもよりますが、自分で彫るのも一つの方法です。消しゴムで彫ったはんこは銀行では使えませんが。つまり、印鑑はどこでも作れるのです。はんこ屋さんは勿論のこと、スーパー、文房具店、そして自宅。長く使うのであれば、それなりの素材と金額をお勧めします。

TOP